【ハード】ソニー新プレステVR、予約開始で即売切の大人気…超絶「裏方」技術で日本ゲーム復権の予兆 - mutyunのゲーム+αブログ

【ハード】ソニー新プレステVR、予約開始で即売切の大人気…超絶「裏方」技術で日本ゲーム復権の予兆

ソニーが10月13日に日・米・欧、アジアでゲーム機「プレイステーション(PS)VR
(バーチャルリアリティ<仮想現実>)を発売する。
予約分が早期に売り切れとなるなど、前人気が高まっている。
ゲームソフト各社も、これを機に主力作品を投入する計画。
しかし、VRを支えているのは、裏方ともいえる企業である。
代表的な企業に東証マザーズに上場するCRI・ミドルウェアがある。
プレステVRの価格は4万4980円で、従来のゲーム機PS4に接続して遊ぶことができる。
これとは別にプレステVRの動きを検知するための「PSカメラ」(5980円)も必要。
ヘッドマウントディスプレーを装着することにより上下・左右・前後の360度すべてが
ゲームの空間となる。物語に入り込む格好となるため、臨場感が各段に向上する。
人気の「ファイナルファンタジー(FF)」(スクウェア・エニックス)、「バイオハザード」(カプコン)などの
大作をはじめ、ソニーでは年内に50作品以上を揃える方針とされる。
プレーヤーがFFやバイオハザードの中に入り込み、
主人公としてリアルに活躍するような感覚を楽しめるのだ。

VR酔いのない高水準の技術

CRIはゲーム開発や遊技機向けのミドルウェアが主力事業。
映像や音声に特化した基盤ソフトに強みがある。
ゲームで培った高度な技術を、VRに展開している。
プレステVRでは、対応版ゲーム向けの音声・動画ミドルウェアを手がけている。
全天球動画・立体音響に対応した、ゲームソフトに対応。
リアルな感覚は同社の技術が可能にした。
VRでは「VR酔い」と呼ばれる現象が懸念されているが、
これは粗悪なソフトが原因で起きる。
同社では高性能なゲームでのスムーズに動く映像を手がけており、
VR酔いのない高水準な映像を提供できるという。
ゲームのタイトルに採用されるかたちとなるが、
スクエニとはゲームで包括的なライセンス契約を締結。
各種スクエニのタイトルには同社のミドルウェア「CRIWARE」が提供される。
また、セガゲームスのミドルウェア「アクロアーツ」事業を継承。
セガ以外のゲーム会社への販売戦略が可能になった。
大手への採用実績は、他社への採用という波及効果が期待される。
音声・動画ミドルウェアを展開しているのは国内では同社だけで、
今後は中国など世界でも展開していく予定だ。
プレステVRが発売後に予想通りの人気となれば、
同社のビジネスチャンスが増えることが予想される。

(続きはリンク先で)
8/31 ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2016/08/post_16512.html

3:2016/08/31(水) 20:32:36.45 ID:

バーチャルボーイと同じとか言ってた馬鹿息してる?
5:2016/08/31(水) 21:04:55.32 ID:

>>3
どれだけ予約入ってるかは言ってないし
7:2016/08/31(水) 21:26:07.78 ID:

確かに数字が出てからだな
10:2016/09/01(木) 13:21:25.18 ID:

次のVRの予約いつか決まってるの??

管理人のコメント:

自分もまだ予約できてないから早く予約再開してほしんだけどなぁ

0

フォローもよろしくね!

『mutyunのゲーム+αブログ』のRSSを取得して最新記事をいち早く手に入れよう!


1000 名前:774さん@頑張るぞい 投稿日:2017/X/XX(X) 00:00:00 ID:YAkasdj12