【あまんちゅ!】12話感想 テコの海洋実習がようやく終わるッ!!【アニメ感想】 - mutyunのゲーム+αブログ

【あまんちゅ!】12話感想 テコの海洋実習がようやく終わるッ!!【アニメ感想】

ss3073ss3074ss3075

ss3076ss3078ss3080

ss3083ss3085ss3087

ここまで来るまで長かった・・・

かなり前から、テコが海洋実習を受けてダイビングライセンスを取得したいという話になっていたが

当のテコ達はそれほど期間が立っていないかもしれないが、現実世界の管理人は

一ヶ月以上は待っていたこの海洋実習だが、最終回でもある12話でようやく実現することになった

ss3089ss3090ss3092

ss3094ss3096ss3098

ss3100ss3101ss3103

いよいよ海中へ潜水して、今までプール実習などで覚えた事を一通りするということで

海中へ進んでいくテコ達ダイビング部のメンツだが、まずこの辺で一言言いたいのは

作画がめちゃくちゃキレイだということ、それに加え海の描写も良いので海は画質落ちそうと思っていたが

全然そんなことはなかった

ss3106ss3108ss3110

ss3111ss3113ss3114

ss3116ss3117ss3119

肝心の、今まで教えてきたことを一通りやるということだが、これは特に勿体振ることもなく

すぐに終わってしまってコレをやるために一ヶ月以上待ったのにと思っていたが、メインはコレじゃないと

アニメスタッフが言っているかのようでこのシーンの楽しみ方は、テコが初めて海へ出て

初々しい反応を楽しむものだと勝手に思って楽しんでいた、現に海の中の描写もよく

まるで自分も海の中にいるかのような感覚になった

ss3120ss3122ss3123

ss3125ss3126ss3127

ss3131ss3132ss3133

一度、海から上がりログダイアリーを書いていたテコの元へ、真斗先生が、ダイビングライセンスのサンプルを持ってきた

これは後日本物のライセンスを持ってくるまでのものであるが、よっぽど嬉しかったようでテコがまた妄想を口から出していた

総評

ダイビング物というあまり見かけないアニメだったが、その実はあまりダイビング要素のない日常系で

ダイビングとか知らないよというユーザーにも安心して見れるアニメになっている。