【響け!ユーフォニアム2】2話感想 いきなり水着回来たああああ!【アニメ感想】 - mutyunのゲーム+αブログ

【響け!ユーフォニアム2】2話感想 いきなり水着回来たああああ!【アニメ感想】

シェアボタン

管理人おすすめ記事一覧!

eupho2-02-001eupho2-02-003eupho2-02-004

eupho2-02-006eupho2-02-007eupho2-02-008

夏休みも半ば頃、お盆休みということでみんなとプールへ行くことに

夏休みの練習風景も去ることながら、ようやく待ちに待った休みになった

というのもお盆休みに突入するということで久美子やいつものメンバーがプールへ行こうと言うことで

久美子が麗奈に声を掛けると二つ返事で了承したのは流石だと思った

eupho2-02-009eupho2-02-010eupho2-02-011

eupho2-02-012eupho2-02-013eupho2-02-014

eupho2-02-015eupho2-02-016eupho2-02-017

eupho2-02-018eupho2-02-020eupho2-02-021

水着シーン

2話目にして早くも、水着回を入れてテコ入れしてきたかと思ったら、テコ入れのために

ほのぼのするという事もなく、傘木希美が登場し私に足りないものは何だろうとか

言って水着シーンだからと言ってほのぼのするとは絶対に限らないというのが見て取れる

eupho2-02-022eupho2-02-023eupho2-02-024

eupho2-02-025eupho2-02-026eupho2-02-027

eupho2-02-028eupho2-02-030eupho2-02-032

この追加シーンでは、希美がなぜあすか先輩の許可を取りたがるのか?という疑問に突っ込んでいた

確かに、部活に戻りたいというのであれば、顧問や部長に直接言うべきで、副部長のあすかですら

自分は副部長だからそのような話は部長とかにするべきだと前回言っていたので

このへん気になっていたところだったが、どうやら当時やめようとしていた希美にあすかが

もうじき、やる気のない3年生はやめるのにもうちょっとだけ待てない?と彼女なりに食い止めていたが

希美はそれに対して聞く耳を持たない模様で辞めたら次の年には関西大会に出場するという騒ぎになって

eupho2-02-034eupho2-02-035eupho2-02-036

eupho2-02-038eupho2-02-039eupho2-02-040

一緒に演奏できなくてもいいから、あすかのという思考に何故か行く、彼女曰くなぜあの時

踏みとどまっていなかったのかという後悔があるんだと思う

eupho2-02-041eupho2-02-043eupho2-02-045

eupho2-02-046eupho2-02-047eupho2-02-049

eupho2-02-050eupho2-02-052eupho2-02-053

お盆休みもあっという間に過ぎていよいよ始まった合宿!

ここで、滝先生が木管楽器の指導をしていくれる新山聡美が登場する、ここで仲睦まじい雰囲気が出ており

例のごとく麗奈が死んだ魚の眼をしていたのには笑った

eupho2-02-054eupho2-02-056eupho2-02-058

eupho2-02-060eupho2-02-061eupho2-02-062

eupho2-02-064eupho2-02-066eupho2-02-068

ここで、中川夏紀の過去のエピソードも大放出される、だが希美のとき見たくそれほどひどいものではなかった

その後、久美子と鎧塚みぞれが偶然にも話す機会があり、コンクールは嫌いだ、嫌いじゃないみたいな話になっていたあと

滝先生と新山先生との関係を引きずっている麗奈に久美子流の励ましをしてあげるのは見ていてよかった

総評

今回は全体的に過去のエピソード、特に2年生大量退部事件の当事者の過去がより詳しくわかった回だったと思う

希美がなぜ、部長や顧問に復帰の話をしないで、副部長のあすかに話をするのかというエピソードが見どころである

あと水着回も