2017年冬アニメ視聴意向調査、一番人気は「青の祓魔師 京都不浄王篇」! - mutyunのゲーム+αブログ

2017年冬アニメ視聴意向調査、一番人気は「青の祓魔師 京都不浄王篇」!

 カドカワの調査サービス「eb-i Xpress」(イー・ビー・アイ・エクスプレス)は、2017年1月期放送の冬アニメ番組の視聴意向について調査を実施、結果を発表しました。

調査は全国の5~69歳の1万人を超える男女を対象に実施。14歳以下は保護者の代理回答となります。

2017年1月放送の冬アニメで最も視聴したい番組は、「青の祓魔師 京都不浄王篇」

調査によると、最も視聴意向が高かった冬アニメ番組は、「青の祓魔師 京都不浄王篇」。

累計発行部数1,500万部を超える同名コミックが原作で、女性の視聴意向ランキングでも1位を獲得。世代別でも、どの年齢層においても上位3位内にランクインするなど、幅広い層の支持を集めました。「青の祓魔師」は、2011年にTVアニメ「青の祓魔師」が放送され、2012年に劇場版が公開されています。

第2位には、原作コミックの累計発行部数が1,600万部超の「弱虫ペダル NEW GENERATION」がランクイン。自転車競技を題材とした本作品は、昨年までにテレビアニメシリーズ第2期までが放送され、オリジナルの劇場版も公開。男性の視聴意向ランキングでも1位となっています。

第3位の「昭和元禄落語心中 -助六再び篇-」は、上位2作品同様、同名コミックが原作。今年1月にシリーズ1作目が放送され、今冬のアニメが物語の完結編となります。噺家たちの人間模様と本格的な落語シーンが話題を呼び、特に女性からの支持を多く集めました。


「この素晴らしい世界に祝福を!2」は男性、「クズの本懐」は女性からの支持が高い

男女別に見ると、同名ライトノベルを原作とした「この素晴らしい世界に祝福を!2」(総合4位)が男性からの支持が高く、異質の恋愛ストーリーとして注目を集めた同名漫画が原作の「クズの本懐」(総合5位)は女性支持が高くなっています。


世代別では「にゃんこデイズ」は低年齢層、「鬼平犯科帳」を初アニメ化した「鬼平」は60代で人気

世代別の傾向としては、同名の4コマ漫画を原作とした「にゃんこデイズ」(総合13位)が低年齢層の得票を集めました。また、池波正太郎氏の人気時代小説「鬼平犯科帳」を初アニメ化した「鬼平」(総合7位)は、特に60代からの得票を多く集めています。

「eb-i Xpress」は、月次レポートと専用サイトのアクセス権を基本パッケージとしてカドカワが発行する企業向けサービス。国内26万人のパネルを持ち、月次レポートはエンターテイメント各ジャンルの接触ランキング、各種分析、時流に応じたテーマをデータで切り取る特集記事などから構成されます。専用サイトでは、随時更新される集計データと過去のアーカイブを閲覧することができます。

[工藤ひろえ]

https://netatopi.jp/article/1034126.html

7:2016/12/11(日) 15:35:31.16 ID:

幼女戦記だろ、幼女の皮をかぶった化物だぜ。
8:2016/12/11(日) 15:47:11.04 ID:

クズの本懐なんて原作は絵ありきでエロやってんのに大丈夫なんかね
11:2016/12/11(日) 16:08:32.95 ID:

俺はひだまりスケッチ×ハニカム(再)
13:2016/12/11(日) 16:19:13.63 ID:

円盤はこのすばが売れる