「ポケモンGO」アップデートで「ポケモン金銀」追加の噂、ユーザー減少を止める起爆剤となるか。 - mutyunのゲーム+αブログ

「ポケモンGO」アップデートで「ポケモン金銀」追加の噂、ユーザー減少を止める起爆剤となるか。

◆新たなアップデートでは“相棒”機能が追加

そんななか、ポケモンGOの新たなアップデートが先日14日に発表された。伝説のポケモン登場、
ポケモントレード機能など、かねてからさまざまな噂が囁かれたなか、
発表された最大の目玉は「相棒ポケモン機能」の追加だった。

これはすでにゲーム内でゲットしたポケモンを、相棒として、
主人公の隣で連れて歩くことができるもので、さらに、一定距離を移動すると、
ポケモンを強化することのできるアイテム「アメ」を手に入れられるという機能だ。

大ヒットアニメ『ポケットモンスター』の主人公・サトシように、
ピカチュウやヒトカゲを連れて歩けるのは、
確かに、ファンにとって嬉しい出来事かもしれない。
しかし、事前の期待も高かっただけに、
コアなファン以外からは「期待ハズレ」という声も散見された。

◆海外サイトの分析で「新ポケモン」が判明

しかし、ここにきてまた新たな吉報が舞い込んできた。
海外の熱狂的なファンの分析により、
今回のアップデートで、「第2世代」と呼ばれる『ポケットモンスター金銀』のデータが
追加されていたことが判明したのだ。

海外ゲームディア「GamePress」は9月13日に公開した記事で、
具体的なリリース時期は未定としたうえで、
チコリータやハガネール、ホウオウといった第2世代のポケモン100匹のデータが今回のアップデートで
搭載されていたことを発表している。

もしこれが事実だとしたら、今現在、減退傾向にあるポケモンGO人気も再び高まるだろう。
事実、9月16日に発売された「ポケモンGO Plus」は徹夜組が出るなど大人気となり、
すでに第一次出荷分は完売したという(次回発売は11月の予定)。

(一部抜粋引用しました)
9/20  (HARBOR BUSINESS Online) – Yahoo!ニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160920-00110467-hbolz-sci

0