【響け!ユーフォニアム2】4話感想 みぞれと希美が!【アニメ感想】 - mutyunのゲーム+αブログ

【響け!ユーフォニアム2】4話感想 みぞれと希美が!【アニメ感想】

eupho04-001eupho04-002eupho04-003

eupho04-004eupho04-005eupho04-006

eupho04-007eupho04-008eupho04-009

大会まで残り10日しか無いということが判明!

今回、大会での演奏順が発表されて久美子たちの学校は23校中16番目となかなかの位置

だが、15番目には強豪校が並んでいることで動揺が走るが、全国大会などへ行くと

強豪校しか居ないようになるんだから気にする必要はないと滝先生が言っていた

eupho04-010eupho04-011eupho04-012

eupho04-013eupho04-014eupho04-015

eupho04-016eupho04-017eupho04-018

希美とみぞれが接触!

いよいよ大会も近づいてきて、合宿終わった吹奏楽部へ希美が最接近してくる

彼女も最低限の常識はあるようで、今日ダメなら大会終わるまでは来ないと言っていた

ここで、希美が何を思ったのかオーボエ担当のみぞれに会いに行くと言い

走りだし、みぞれにまで一直線で行ってみぞれと希美のコンタクトが行われたんだが

案の定みぞれはどこかへ逃げてしまい、希美に至っては何で逃げたのか状況がわからない様子で

あすか先輩とかは、こんな大事な時に希美が接近したことで、みぞれが駄目になったんじゃないかと思ったんだろうか

渾身の舌打ちが聞こえた、ここで優子に頼まれて久美子がみぞれを探しに行って

ここで初めてみぞれが何で希美に対してここまで拒絶反応を示すのかがわかる

eupho04-019eupho04-020eupho04-021

eupho04-022eupho04-023eupho04-024

eupho04-025eupho04-026eupho04-027

みぞれは中学のころ暗い性格だったこともあって、一人だったんだがそこへ、希美が来て

友だちになり、吹奏楽部へも一緒に入って一緒に活動していたんだが

その後、希美がみぞれに相談もなく吹奏楽部をやめてしまったことで

みぞれは置いて行かれた感を味わったんだと思う

eupho04-028eupho04-029eupho04-030

eupho04-031eupho04-032eupho04-033

eupho04-034eupho04-035eupho04-038

みぞれと希美がお互いに話し合う

このシーンでは、みぞれが何で自分に相談の一つもしないで部活をやめて言ってしまったのか

ということについて、希美は「だって練習頑張っていたし、練習頑張ってる人に一緒に部活をやめようとか言えないよ」

ってな感じに言って二人は何やかんや仲直りじゃないが、打ち解けた用に感じられた

みぞれが覚醒したことによって、一人しか居ないオーボエに魂が宿ったかのような

演奏になったのは言うまでもないだろう

総評

今回は特に練習シーンなどはほぼ映らず、どっちかって言うと今までずっと問題になっていた

みぞれと希美の問題に注目した回だったといえる、そしてなぜみぞれが希美と一緒になると駄目なのか?

というのも本人の口から聞けたのは大きい。ここ数話に渡って悶々として疑問がようやく解消された気持ち