2020年06月01日の記事一覧

【悲報】スイッチの売上比率の82.8%が任天堂であり、他社が入り込む隙間がない件

【悲報】スイッチの売上比率の82.8%が任天堂であり、他社が入り込む隙間がない件

1: mutyunのゲーム+α ブログがお送りします。 ID:99r71EJO0  一方でスイッチにおける自社タイトルの売り上げ 高比率は82.8%にのぼり、自社頼みのビジネスが続いている。 同社の定番タイトルが売上を支えており、 他社が入り込む隙間がないのが現状

小島監督「デスストの売上は黒字。次の企画を準備できるだけの利益が確保出来た」

小島監督「デスストの売上は黒字。次の企画を準備できるだけの利益が確保出来た」

1: mutyunのゲーム+α ブログがお送りします。 ID:RxiOkm/F0 >「ここまでいけば黒字」というラインは全然超えているので、 開発費の回収も含めて「成功」と言っていい数字だと思います。 これからPC版もリリースしますし、次に向けて準備ができるだけの

MS次世代ソフトの箱1サポートはゲームデザインへの悪影響は一切なし!ソニーのデマ、赤いニシンと判明

MS次世代ソフトの箱1サポートはゲームデザインへの悪影響は一切なし!ソニーのデマ、赤いニシンと判明

1: mutyunのゲーム+α ブログがお送りします。 ID:VZGjmaVFM マイクロソフトのビルスティルウェル(Xbox Oneでの後方互換性の責任者)は昨日、この「次世代のみ」という競合他社の物語はマーケティングであり、赤いニシンであると感じていると説明しました

小野憲史「任天堂は自社頼みのビジネスが続いている。他社が入り込む隙間が無いのが現状だ」

小野憲史「任天堂は自社頼みのビジネスが続いている。他社が入り込む隙間が無いのが現状だ」

1: mutyunのゲーム+α ブログがお送りします。 ID:7Wqn3lzOK 小野憲史のゲーム時評:「あつ森」ヒットで好調の任天堂 求められる次世代タイトル > ただ、こうした次世代に向けた視点で同社の業績を見ると、一抹の不安が残る。 > 2020年度の